気になる目の下のクマ~原因と解消法~

目の下のクマで悩んでいる女性は沢山います。

目の下のクマといっても、青クマ・黒クマ・茶クマと様々なタイプに分かれます。

青クマ

青クマは血行不良が原因のことが多く、目の下の静脈が拡張して透けて見えてしまっている状態です。拡張すると静脈は大きくなり色もより濃くなってしまいます。皮膚を軽く引っ張てみてクマが薄くなると感じたら血行不良が原因でしょう。眼精疲労で目の周りの筋肉が硬くなったり血行が悪くなると起きやすいので、蒸しタオルで温めるなどして目を休めましょう。また季節性のアレルギーや食事などが起因して静脈が拡張してしまうこともあります。

黒クマ

黒クマは皮膚のたるみで出来ている事が多く、目の下が窪んでいてその影が黒く見えることが特徴です。上を向いて目立たなくなれば皮膚の薄さやたるみ・むくみが原因でしょう。

茶クマ

茶クマは色素沈着によるもの、花粉やアレルギーなどで目を擦ってしまったり、濃いアイメイクなどが原因としてあげられます。引っ張ったり上を向いたりしても何も変わらないのが特徴です。遺伝性の場合もありますが、紫外線によるダメージも影響しています。

クマで悩んでいる人は思い返してみてください、生まれつきクマが酷かったなんてことはないはずです、徐々に出来てしまったのには何か原因があるとは思いませんか?普段の生活を少し改善するだけでクマの軽減は簡単にできるんです。

まずは食生活です、油たっぷりのファーストフードや添加物ばかり摂取していたらそれは身体の血流も悪くなってしまいます。食事でクマが消えるとまでは言いませんが新鮮な野菜や果物、たんぱく質など栄養価が高いものをしっかり摂取すれば皮膚の状態というのは変わってきます。またカフェインもあまりよくはないので控えるようにし、“水”で水分は補うようにしてみてください。

そして次に大事なのは睡眠!睡眠不足でクマが出来ているのではなく睡眠不足だからクマがより目立っているんです。最近はスマホなどを見る習慣が増え、眠りにつくギリギリまで触っている人がほとんどだと思います。そうしていると勿論目の疲れもたまりますし、良質な睡眠の妨げにもなります。ブルーライトの刺激が目から入ってくると交感神経が優位になってしまい脳が起きている状態を作り出し、いざ睡眠をとっても脳が起きているので身体の疲れ、勿論目の疲れも取れません。熟睡できている時は瞳孔も閉じているのですが熟睡できていないときは瞳孔が開いている為目が休めていないのです。

携帯はとても大事ですがクマの改善を求めるなら夜遅くまで使わない日を設けるのも大事ですよ。

飲酒や喫煙も良いとは言えません、やめてくださいとまでは言いませんが、健康になる為の努力は目のクマ解消にもいいという事です。

最後にやはり大事なのはスキンケアでしょう、目元が気になるからと言って目元のマッサージをしてしまうのは危険です、悪化を招いてしまう可能性も十分あるので気を付けてください。ビタミンⅭやヒアルロン酸はクマを目立たなくすることが多少なりともできますので使ってみるのもおススメです。

クマを気にして消したいと思い続けるのではなく、まずは自分でできる改善方法を試してみてはいかがでしょうか?生活習慣が変われば肌状態がとても良くなるのでクマも気にならなくなるかもしれません。自分自身が変わればお肌や身体の状態は変えていく事が出来ます。

記事が参考になったらシェアをお願いします!

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

美容という表面的な悩みだけでなく、その患者が抱える心理的背景や生活環境、身体の不調を読み解く観察力と患者の悩みを解消しキレイになるサポートするために認定美容鍼灸師となる。美容領域だけでなく、多くの女性が抱える重度の生理痛や肩こり、むくみも治すことができる鍼灸師として日々診療にあたっている。

まずはお気軽にお問い合わせください。

初回限定美容鍼灸クーポン web予約 line
初回限定美容鍼灸クーポン web予約 line