梅雨時期に増える皮脂コントロール

 

寒かった季節もあっという間、、、

すでに日差しは強く、日中の気温はどんどん上昇!

暑くなるにつれ、毛穴が気になり化粧ノリが悪くなる時期といわれます。

 

 

 

気温だけではななく湿度も高くなることで蒸し暑さも増してしまいます。

お肌は湿度の影響を受けやすくこの時期のトラブルは悩みが多いのです!

湿度、気温と高くなると汗をかきやすくなります。

特に梅雨時は湿度が高いので肌の汗腺が湿気より覆われ汗が肌から蒸発しにくくなります。

そうなると肌の表面に残りやすくなり

皮脂は過剰に分泌されやすくなってしまいます

 

 

 

 

さらに暑さを感じれば当然エアコンを使い始めます。

このエアコンの乾燥はなめてはいけません!

実は冬よりも深刻な夏のエアコン。

外で汗をかいた後に室内ではひんやり空間

水分はどんどん蒸発してしまいます。

汗とともに肌の水分も一緒に蒸発させてしまい乾燥していることが多くあります

さらにエアコンによる冷えも多く、冷え、血流の低下、

外気温と室内での気温の差から生まれる自律神経の乱れもあり冷えからも乾燥を助長してしまいます。

乾燥するということはそれだけ身体の機能としては皮脂を分泌しようとしてしまいます。

すると毛穴が開きやすい状態になり、

ファンデーションがうまくのらない、すぐに崩れる、

ニキビが増えるといったお悩みが増えてしまいます。

 

 

 

 

そうなると皮脂が敵と思いますが、、、

それは間違いです!

まず皮脂とは、、、皮脂の役割とは、、、

皮脂は外からの異物が侵入するのを防いでくれています。

また肌内部の水分の蒸発も防いでくれているとても大切な存在なのです。

しかし紫外線や空気に触れてると酸化してしまい肌に悪影響を与えてしまうことも事実です。

大事なのは皮脂の分泌は多くもなく少なくもない適量ということです。

最近はTゾーンは皮脂が多く、フェイスラインUゾーンは乾燥している

そして日により特に季節により肌の状態が変わる方が多くいらっしゃいます。

肌質でいうと「不安定肌」。

季節の変わり目である春先から梅雨の時期は

特に皮脂が過剰に分泌されがちになり、皮脂を好む常在菌が増殖してしまうこともあります。

するとニキビになりやすい環境が整ってしまいます。

 

では毛穴は、、、

毛穴がなければなんて思いたくもなりますが、、

毛穴は人間の大事な臓器の一つ。

毛穴は真皮から伸びる毛包管です。

皮膚の表面に開口したもので皮脂腺がついています。

皮脂の分泌が盛んになれば毛穴に皮脂がつまりやすくなるので

毛穴トラブルに発展してしまうのです

 

そこでやりがちな皮脂をごっそり落とす!

しかしこれは危険です。

逆効果になってしまいます。

皮脂は汗とともに肌のバリア機能の役割を担っていますが

肌は乾燥してしまうと肌のバリア機能の低下を補うために皮脂は過剰に分泌されてしまうのです

つまり乾燥するとどんどん皮脂が出てきてしまうのです。

その為、強い洗浄力のものでお肌をゴシゴシ洗ったりすると

肌のバリア機能を低下させてしまいます。

大事なのはやりすぎない適切なスキンケア。

 

 

どうしてもこの季節ベタベタとして気持ち悪いのでゴシゴシ洗いたくなるかもしれませんが

皮膚はとても繊細です。バリア機能を保持するためにも刺激を与えないように優しく洗いましょう。

しかしベタベタと気持ち悪いと思いますし皮脂が浮いてくると化粧も気になりますので

日中はティッシュオフ程度にし、

あぶら取り紙を頻繁に使うと逆に乾燥してしまい皮脂の過剰分泌の原因になりますので注意しましょう。

一日に何度も洗顔することもないように

洗顔回数は肌の状態により異なりますが

この時期は寝ている間の皮脂の分泌もいつも以上に多いので朝洗顔をするほうが良いでしょう。

また、毛穴パックなどは皮膚が傷つき炎症を起こし必要な油まで取ってしまいます。

結果これも乾燥を招き結果皮脂の分泌を過剰にしてしまいます。

 

 

では注意したい洗顔法を確認しましょう。

〇洗顔方法

まずはメイクを落としましょう。

特に最近のメイクは化粧崩れが起こらないばっちりメイクが主流です。

しっかり優しく落とせるオイルがおすすめ。

メイクを落としきれないと肌には負担です。

毛穴トラブルはもちろん、くすみ、肌荒れの原因にもなります。

油には油が一番落ちます。浮かせてさっと落とす。決してマッサージやゴシゴシ洗わないように。

20秒程度でつるんとさっと終わらせましょう。

 

洗顔料は、皮脂が多いからといって洗浄力の強いものを使うと、肌に必要な保湿成分まで除去してしまいます。

摩擦を起こさないためにもよく泡立て、泡をクッションにしながら毛穴までしっかりと洗いましょう。

その後、肌に残らないよう十分に流しましょう。その際水の温度は冷たすぎず、熱すぎずです。

32℃~36℃が適温で外気温により異なります。

冷たすぎると毛穴が閉じてしまいますし、熱すぎると刺激になり必要な皮脂まで流してしまいます。

ぬるま湯程度が良いでしょう。

 

 

そして実は大事な生活習慣。

〇生活習慣

皮脂は食生活やストレス、睡眠不足などにも大きく影響を受けます。

甘いものや脂っこいもの、刺激物などで分泌が盛んになります。

出来る限り自然に近いものを取るように心がけましょう。

 

最近一番多い原因としてはストレスです。

ストレスのかかりすぎには注意が必要です。

あまりストレスを抱え込みすぎると自律神経が乱れます。特に男性ホルモンが優位になり

皮膚は硬くなり、皮脂の分泌が増えてしまいます。

するとニキビなど毛穴トラブルに発展してしまうのです。

もちろん女性は生理前後、ホルモンのバランスが乱れます。特に生理前になると

プロゲステロンが分泌され皮脂の分泌量が増えてしまいます。

また、睡眠不足にも気をつけましょう!

睡眠中は成長ホルモンが多く分泌されるます

この成長ホルモンは日中のダメージの修復や再生、肌のターンオーバーの促進など

美容には欠かすことのできない重要な役割を持っています。

この成長ホルモンの分泌が活発になるのが入眠してから3~4時間の熟睡時です。

浅い眠りではなく、脳がしっかりと休んでいる深い眠り(ノンレム睡眠)です。

睡眠不足が続くということは

成長ホルモンの分泌を低下させてしまうことになり

肌のターンオーバーが乱れてしまい、古い角質はそのまま蓄積されてしまいます。

また、睡眠不足が続くと交感神経が優位になり皮脂の分泌が増加してしまいます。

睡眠不足は血流の低下、乾燥も進みます。肌荒れ、ニキビ、シミ、シワなど

様々な肌トラブルの原因になってしまいます。

毛穴の開きについて

 

 

美容鍼灸を受けると

お身体も整えることから

日ごろのお疲れストレスを緩和。

ぐっすり熟睡することで

翌朝スッキリ起きることが出来るようになったと

お喜びの声が多数あります♪

もちろん表皮からエステ要素も取り入れ

皮脂コントロールをしていきます。

今あるニキビのアプローチ。

そしてニキビをできにくくする環境づくりに

スキンケアアドバイスで

本来持っている自身の肌力を最大限上げていきます!!

美容鍼灸について

 

何をやっても変わらなかった!

そんな方は是非お試しくださいませ!

 
 
 
 
 

 

 

記事が参考になったらシェアをお願いします!

ABOUTこの記事をかいた人

和田紋子

3児の母でありながらも骨盤や姿勢を改善させ、くびれはもちろんのこと フェイスラインもシャープにできるセラピスト。 自身の離婚、子供の障害、病気、虐待、うつ、薬漬けの日々を抜け出した経験から”笑顔”の大切さを実感。 ママたちの笑顔で子供も救われる。幸せになる。 ママたちの諦めていた”女”を取り戻してもらう事を使命に ママたちの素敵な笑顔を創り出し、その家族も幸せに導いていく施術、カウンセリングを提供している。

まずはお気軽にお問い合わせください。

初回限定美容鍼灸クーポン web予約 line
初回限定美容鍼灸クーポン web予約 line