【マスク 肌荒れ】マスクによる肌荒れやニキビの原因と対策を美容鍼灸師の萌花先生が解説してみた

マスクによる肌荒れで悩んでいる方。非常に多いです。マスクをつけない方がいいのですが・・・。
どうしてもマスクをつけなけれはいけない状況もありますよね。

マスクによってなぜ肌荒れしやすくなるのか。
それを知ることで対策をしやすくなります。

マスクによって肌荒れが起こる3つの要因!

①蒸れ
呼吸(主に呼気)によりマスク内が蒸れてしまい高温多湿になります。
そうすると雑菌が繁殖しやすい環境になります。
咳やくしゃみ、マスクのつけ外しなどでマスクの表面は雑菌だらけなので気をつけましょう。

②乾燥
逆に、潤っているんじゃないの?と思われる方もいると思います。
実はマスクのつけ外しをしていると、マスクをしているときにあった潤いが、一気に蒸発して乾燥してしまいます。
乾燥した状態のまま一日を過ごしてしまうと、肌のバリア機能は低下し、皮脂分泌が過多になってしまいます。ニキビの原因にもなりかねません。

③摩擦
マスクをつけた状態で話したり口を動かすと、意外とマスクとお肌は擦れてしまいます。
お肌の表面、角質層が剥がれやすくなってしまい、バリア機能低下、ダメージを受けやすい状態になります。
マスクでお肌が擦れてしまうとニキビができやすいだけではなく、今あるニキビが治りずらく、大きくなってしまったり
マスクが擦れることにより色素沈着によるシミが起こりやすくなります。

一つの原因で肌荒れがおこっているのではなく、3つの要因がいっしょになって肌荒れをおこしてしまいます。

対策!
①小まめにマスク内の汗や水分をふき取る
②外す時間を確保する
③一日中同じマスクをつけない
④立体型のマスクの使用(ノーズクッションなどがついているもの)
マスクをつけている状態は、バリア機能が低下して、乾燥状態になっています!
⑤必ず保湿ケア!

可能であれば、一日一枚と決めずに、何回でも、変えれる方は変えたほうが肌荒れはしにくくなると思います。
ニキビ、肌荒れにお悩みの方。ぜひ対策をしてみてくださいね。

記事が参考になったらシェアをお願いします!

ABOUTこの記事をかいた人

通称 美容鍼灸王子® 終末期医療や高齢者医療の現場で鍼灸師として活躍。年間2,500件以上の施術を担当。その過程で、仮面様顔貌など容姿が変化する難病の患者を救いたい思いから、日本における美容鍼灸のパイオニアである上田隆勇氏に師事。女性だけでなく、難病患者も美容鍼で改善に導く治療院を運営。その後の活動が評価され、最年少にて初代上田式美容鍼灸®認定講師の1人として任命を受ける。 現在は施術の傍ら専門家への美容鍼灸の指導活動や、一般向けの講演活動を行い正しい美容医療の普及活動も精力的に行っている。メディア取材実績多数。

    まずはお気軽にお問い合わせください。

    初回限定美容鍼灸クーポン web予約 line
    初回限定美容鍼灸クーポン web予約 line