【寒暖差アレルギー】夏から秋に変わる際の不調!意外と多い寒暖差アレルギーなどの不調を防ぐ方法

何となく体が怠い、重たい‥・と感じていませんか?
実はそれ季節の変わり目によるかも知れません。

何故季節の変わり目は不調が起こる?

季節の変わり目は昼と夜の気温の差が激しい事や気圧の変化により、身体の生命時に不可欠な機能をコントロールしている自律神経のバランスが乱れます。

自律神経には活動じに働く交感神経と休息時に働く副交感神経の二種類があります。
体温の関係で行くと、交感神経が体温を上げる働き、副交感神経が体温を下げる働きをしています。

身体の機能をコントロールしている自律神経のバランスを乱すのが気圧の変化などの気象条件となります。
前日からの気温差が5度以上あると身体に影響がでやすくなります。

冷え・めまい・頭痛・食欲不振・睡眠障害などが季節の変わり目に起こる代表的な症状となります。

出来る対策とは?

気象変化で身体の不調が出る場合は血行を良くするためにも身体を冷やさないよう心がけましょう。

●冷たい飲み物は避け、常温・温かい飲み物を摂る

冷たい飲み物を避けるというのは普段から意識されているかもしれません、
ですがもっと大事なことが他にもあるのです!!

簡単にできる寒暖差疲労軽減法・・・・

気になる方は上記の動画をチェックされてみて下さい♪

記事が参考になったらシェアをお願いします!

まずはお気軽にお問い合わせください。

初回限定美容鍼灸クーポン web予約 line
初回限定美容鍼灸クーポン web予約 line