【便秘解消】秋は便秘が悪化しやすい?肺とうんちの関係性を解説

突然ですが秋になると
切ない気持ち・悲しい気持ち・不安な気持ちになりやすくないですか?

じつはそれたまたまではないんですよ!ちゃんと理由があるんです(*^^*)

東洋医学と秋と悲しみ


東洋医学では様々なものが という属性に分類されています。

四季では春(木) 夏(火) 長夏(土) 秋(金) 冬(水)
感情では怒(木) 喜(火) 思(土) 憂・悲(金) 恐(水)

同じ属性に部類されているものは互いに影響し合っていると考えられているため、
秋になると悲しい感情になりやすくなるという訳です。

秋と便秘


五臓六腑も木火土金水に分類され、金に属するのは『肺』と『大腸』です。

必要以上に悲しみや不安を感じてしまうと肺や大腸が弱っていきます、逆に肺や大腸を健康に保てれば悲しみや憂いという感情を必要以上に感じなくなるともいわれています。

・・ 肺は呼吸をするための大事な臓器です、肺に負担がかかっている方は空咳が続く、抜け毛が多い、風邪を引きやすい、毛穴が開きやすいといった症状が目立ちます。
砂糖や乳製品、油の摂り過ぎは肺に負担をかけてしまうとも言われているので注意してください。

大腸・・大腸は水分やミネラルを吸収して便を整える役割をしています、大腸に負担がかかっている方は便秘、肌荒れ、唇(下唇)が緩いなどの症状が目立ちます。
肉やチーズ、砂糖のとりすぎは大腸に負担をかけてしまうとも言われているので注意してください。

肺と大腸を丈夫にする食品


肺と大腸を丈夫にする食べ物は上記の動画で解説しておりますので詳しくはそちらをごご覧ください。

リンパのお掃除をしてくれる特効薬てきな食べ物は果たしてナニ!!

 

記事が参考になったらシェアをお願いします!

まずはお気軽にお問い合わせください。

初回限定美容鍼灸クーポン web予約 line
初回限定美容鍼灸クーポン web予約 line