耳鳴りに使われる漢方薬について

 
耳鳴りは東洋医学的病理のうち、【気】・【血】・【水】と関係があります。

【気】:だれもが持っているエネルギー、パワーの源。

【血】:血液という意味だけでなく、身体を巡って栄養を与える働き。

【水】:血液以外の体液、リンパ液・唾液・涙・尿・汗などのことで、全身を潤し、余分な水分を排泄させる働き。これらの機能が低下してしまうことによって、耳鳴りが発生するといわれています。

肝・腎・脾/胃の関係

また、臓腑からの病因としては【肝】・【腎】・【脾/胃】の関与が考えられます。高齢者に起こる耳鳴りの原因として多いのは腎の影響です。西洋医学的に腎は泌尿器系と考えがちですが、東洋医学では生命活動の原動力を供給する臓器なので、成長・発育・生殖などにもかかわります。

ですので、腎の機能が衰える(腎虚)と老化が早まってしまい結果、老化現象として聴力が低下し、耳鳴りが発生してしまいます。

他方で、若い人の耳鳴りは肝の影響が多くなります。ストレスで気が停滞(気滞)すると自律神経の乱れが生じ、この“気滞”が精神的な要因に関連して発生する肝気鬱血(イライラ・怒りっぽい)の状態がでてきます。
 

この状態が続くと、のぼせや不眠といった症状が起きる肝鬱化火という状態で耳鳴りがすることが多いのです。したがって、耳鳴りに対する漢方薬には様々な種類がありますので、耳鳴りの原因を明確にしてからの選択をお勧めいたします。

漢方薬の紹介

 

腎虚

加齢に伴う難聴があり、セミの鳴き声のような高音の耳鳴りで夜増強する。栄養分を補給するとともに身体を温めてくれる、牛車腎気丸(ぎしゃじんきがん)、滋腎通耳湯(じじんつうじとう)、八味丸(はちみがん)、六味丸(ろくみがん)などの漢方薬が有効です。

水毒(水分停滞)

身体の代謝しきれない余分な水が脳や耳の内リンパ液の循環に影響を及ぼします。耳鳴りのほかに、浮腫み・小便の異常・下痢なども水分代謝の異常もみられます。

身体の余分な水分を、汗や尿として排出する、五苓散(ごれいさん)、苓桂朮甘湯(りょうけいじゅつかんとう)、小青竜湯(しょうせいりゅうとう)などの漢方薬が有効です。

肝鬱化火・血虚

イライラして怒りやすい、目が疲れる、めまいや頭痛、不眠、首肩の凝りや筋肉の痙攣などがあります。「血」の不足によって「気」が余り、たまった「気」が熱に変わり、体の上にあがっていきます。

この「気」を下におろして全身に巡らせるとともに、たまった熱を冷やします。さらに不足している「血」を補うことでバランスを整えていく、加味逍遙散(かみしょうようさん)、釣藤散(ちょうとうさん)、黄連解毒湯(おうれんげどくとう)などの漢方薬が有効です。

脾胃気虚(消化器系の機能低下)

胃腸の働きが衰えて、疲労感・倦怠感を訴えます。虚弱体質な人。胃腸の働きを高め、食欲をだすことで「気」を増やし、体に巡らせることで疲れを改善していく、補中益気湯(ほちゅうえっきとう)、半夏白朮天麻湯(はんげびゃくじゅつてんまとう)などの漢方薬が有効です。

 
漢方薬は体質によって、対処法が全く異なります。つまり自分の体質を知ることが症状の改善、そして体質改善に繋がります。また、体質・症状から自分に合った漢方薬を選ぶことによって、高い効果を発揮しますし、副作用を少なくすることができます。

少しでも早く症状が楽になるよう効果的にするには養生も必要不可欠です。食生活を見直し、規則正しい生活、体を冷やさない、適度な運動で血行を良くする、などを合わせて行うことで体内は活性化し、効果も高まりやすくなります。

耳鳴りに使われる漢方薬については当院にお任せ下さい

鍼灸治療においても耳鳴りの改善は有効です。鍼は血行不良を改善し、全身に栄養を巡らせることができます。また、自分の体に備わっている自然治癒力を高めてくれます。

つまり、体全体のバランスを健康な状態に戻そうとする医療になります。漢方薬と鍼灸治療を併用していただくことで、老化や日々の疲れ・ストレスによってでてきた様々な症状をより早く改善することができます。是非一度お気軽にお問い合わせください。

まずはお気軽にお問い合わせください。

初回限定美容鍼灸クーポン web予約 line
初回限定美容鍼灸クーポン web予約 line