目の下のたるみについて

目の下のたるみとは目の下の皮膚が膨らみそれが下に垂れてきている状態のことを言います。膨らみと平坦な部分に影が出来るため酷いクマのように見えてしまうことも…

こんな人にできやすい

スマホやPCを見る事が多い、長時間の運転、濃いアイメイク、 に当てはまる方は目の下のたるみができやすいと言われています。

目の下のたるみの原因

筋肉の硬さ・衰え

目の下のたるみは目の周りの眼輪筋や眼瞼挙筋が大きく関係してきます。
眼球の周りには眼球を支える眼科脂肪体が付着しており、脂肪体が前に飛び出ないように支えているのが筋肉になります。

目の周り全体を覆う筋肉を眼輪筋といいます。
加齢と共に衰えてしまうと筋肉は薄くなり脂肪体が前に押だされやすくなるのですが、
そもそも何故脂肪体が押し出されてしまうのかというとその原因は『眼瞼挙筋』にあります。

 
 
眼瞼挙筋は上瞼の辺りに存在する筋肉で瞼を持ち上げる役割を持っています。疲労がたまったり疲れたりするとこれが機能しなくなります。徹夜すると瞼が重たく下がってくる、窪むという経験はないでしょうか?

定期的に回復すると問題はないのですがこれが回復しなくなると眼瞼挙筋の柔軟性が失われ硬くなってしまいます。
 
 
こうなってまうと瞼を持ち上げる事ができなくなり、瞼が落ちることでその周りにある脂肪体が圧迫され、誘導性のある脂肪体は目の下に押しだされてしまいます。この押し出された脂肪体のふくらみが目の下のたるみとなる訳です。

真皮層の劣化

お肌は何層にも構造に分かれていますが一番上が表皮、その下が真皮。この真皮層は綺麗なお肌を作る為には欠かせない場所となります。

真皮層にはコラーゲンやエラスチンが含まれるため肌の弾力やハリ感を作り出してくれているのですが、年齢と共にコラーゲン量は減少し、また紫外線などにより壊されてしまいます。
 
 
肌のハリと弾力が失われた状態だとたるみが生じやすくなります。表面のケアだけでなく肌の内部の状態を変えてあげる事が必要となってきます。

目を触る癖

目の周りの皮膚は肌の中でも一番薄く、ケアがとても難しい。安易なマッサージなどは逆効果、目の周りを強く刺激することや、目をこする癖などがあると目の下のたるみを助長させてしまいます。 

最近はメイクをしっかりする人が増えていますがアイメイクもかなり瞼に負担がかかっています。特にビューラーで睫毛を引っ張ってしまうと腱膜が伸びてしまうので要注意です。

眼輪筋出さの先から伸びている眼瞼挙筋腱膜という靭帯は一度伸びてしまうともう元には戻りません。眼瞼挙筋腱膜が伸びてしまった状態というのが皆様ご存知の眼瞼下垂となります。眼瞼下垂についても分かりやすくまとめていますので気になる方はコチラをご覧ください。

ホームケアでの改善は期待できる?

目の下のたるみを作らない対策は可能です。過度なアイメイクを避けることも重要ですが目の周りの筋肉を使うように意識して生活することが必要です。

これはパソコンなどで目を酷使するのではなく疲れた目を癒してあげる為の目のストレッチです。目の周りの筋肉を動かす方法は沢山ありますので是非実践されてみてください。
 
 
ただ既に柔軟性を失ってしまった筋肉を柔らかくするのはホームケアでは難しくなります。筋肉を解そうと一生懸命目の周りを揉んだり指圧したりするのは余計にたるみを作り出してしまうので要注意。正しいケアを実践すれば必ず目の下のたるみは改善されていきます。

美容鍼の効果

美容鍼は肌の奥にある筋肉や細胞に直接刺激をあたえることができます。それにより組織や細胞が活性化するため、修復作用が素早く働きリンパや血流が促進され、即効性が期待できます。

鍼はお悩みの原因ともなる、眼輪筋・眼瞼挙筋に直接アプローチすることができるので、筋肉を本来の柔らかさに戻し飛び出してしまった眼科脂肪体を本来の位置に戻すことが可能となります。
同時にお肌に張りがうまれ、血流も良くしていくのでクマやくぼみの改善も期待できます。
 
 
鍼で肌を傷つけるとマイクロトラウマの原理によりコラーゲン量が増え、お肌が潤います。全身の調整をしながら目の下のたるみにアプローチをしていくので改善も早く、効果も期待して頂けます。
是非一度お気軽にお問い合わせください。

まずはお気軽にお問い合わせください。

初回限定美容鍼灸クーポン web予約 line
初回限定美容鍼灸クーポン web予約 line