アテロームについて

アテロームとは、皮膚の下に袋状の構造物ができ、本来なら皮膚から剥がれ落ちるはずの角質と皮脂が、剥がれ落ちずに袋の中に溜まってしまうことによってできた腫瘍の総称です。

溜まった角質や皮脂は袋の外に出られない為、どんどん溜まっていき、時間と共に少しずつ大きくなっていきます。身体のどこにでもできますが、顔・首・背中・耳の後ろなどにできるケースが多いです。
やや盛り上がった数ミリから数センチの半球状の腫瘍で、中央に黒点状の開口部があります。そこを強く圧迫すると、臭くてドロドロしたネリ状の物質が出てくることがあります。

一般的に“脂肪のかたまり”と言われることがありますが、“脂肪のかたまり”ではありません。
なので、本当に脂肪細胞が増殖してできた良性腫瘍の脂肪種とは全く異なるものになります。

アテロームは、開口部から細菌が侵入することによって化膿して患部は赤く腫上がり、痛みをともなうこともあります。これを化膿性粉瘤と呼びます。溜まった角質・皮脂を無理やり搾りだす行為は感染症を引き起こす恐れがあるので望ましくありません。巨大なアテロームが化膿すると高熱が出ることもあります。

似ている症状

アテロームには、症状や外見が似た疾患がいくつか存在します。

石灰化上皮腫

皮膚の一部が石灰にように硬くなる良性の皮下腫瘍のひとつです。アテロームと比較するとやや黒っぽく硬いのが特徴です。

脂肪腫

皮下に発生する軟部組織の腫瘍の中では、多く見られる良性の腫瘍のひとつです。アテロームと比較すると、化膿することはなく皮膚との癒着が少ないのが特徴です。

ガングリオン

手、特に手関節に多くみられる、皮下腫瘍の中でも頻度が高い腫瘤です。大きさは米粒大からピンポン玉ぐらいと様々で、多くの場合症状はありませんが神経が圧迫されると痛みが出現することがあります。ゼリー状の液が溜まります。

脂線嚢腫症

首、胸、お腹、脇などにクリーム状の液体が溜まった袋状の嚢腫があらわれます。遺伝的な原因と考えられ、ごく稀ですが少し黄色っぽい色をすることもあります。青年期以降の男性に多いといわれます。

類皮嚢腫

小児から若年層に見られる良性の腫瘍です。胎生期の遺残物で目や鼻の周りなどの骨縫合部などにできやすく、嚢腫の内容物は黄色い液体や毛などが溜まっています。いずれの症状も命に関わることはありません。

直径1㎝以上の巨大化したアテロームが、自然治癒するということは基本的に考えにくいです。ですが、ごく稀に自壊して開口部から袋ごと内容物が排出された場合、自然治癒という形になることもあります。巨大化したアテロームは治療しない限り治癒することはほぼありませんが、ニキビのような大きさの場合、美容鍼灸は効果的です。

是非一度お問い合わせくださいませ。

まずはお気軽にお問い合わせください。

初回限定美容鍼灸クーポン
web予約 line
初回限定美容鍼灸クーポン
web予約 line