思春期ニキビについて

思春期ニキビは10代に多く見られ、成長期における皮脂分泌が原因と言われています。Tゾーンやおでこが一般的にできやすい場所と言われています。思春期は女性ホルモンよりも男性ホルモンの比率が高くなるため皮脂の分泌が増加、毛穴に皮脂が詰まることでアクネ菌が増殖しニキビができてしまいます。

基本的には10代後半から20代前半ぐらいで自然に治っていきます。1つ2つできる程度ならいいですが、顔全体に出てしまう人も多くいます。放置してしまうとニキビ跡として残ってしまうこともあるので適切なケア方法で健やかな肌を目指しましょう。

中々治らないのはなぜ?

思春期にニキビができてしまうのは仕方ないことでもありますが、『何年も治らない』『どんどん悪化する』などあればもしかすると毎日の習慣や行動が原因かもしれません。 

常にマスク 前髪が肌にかかる ニキビを触る・潰す 過剰な洗顔 睡眠不足 

これらはニキビを悪化させてしまう行為です、思い当たるものはありましたか?

マスクによる摩擦や蒸れは衛生的とはいえません、基本的にはマスクをつけず、定期的に汗は拭きとりましょう。また髪の毛や触る行為は肌に刺激になり悪化を招いてしまいます。洗顔のし過ぎは肌に必要な皮脂まで奪ってしまう可能性がある為注意しましょう。睡眠は肌が生まれ変わるためにとても必要なこと、睡眠不足では綺麗な肌にはなれません。

cannaでの治療スタイル

cannaではお顔だけでなく身体の治療も同時に行います。身体の治療では全身的な鍼灸治療で思春期ニキビの根本的な原因であるホルモンバランスや自律神経を整えていきます。またニキビそのものにはアクネ鍼というニキビ専用の特殊な技術でニキビ自体の治癒も早めます。生活習慣や食事もとても大事になりますが、最適なご提案をさせていただきますのでお任せください。

まずはお気軽にお問い合わせください。

初回限定美容鍼灸クーポン
web予約 line
初回限定美容鍼灸クーポン
web予約 line